大工社長の家づくり

Concept

地域に根ざした安心と信頼の家づくり
大工の仕事に誇りを持って

代表取締役加藤 竜徳

父と兄が大工という職人の家庭で育った私は、幼い頃から建築現場についていき、父の働く姿を目にしていました。木の香り、木を切る音、木の温もり。家が完成した際の、何とも言えないお客様の幸せそうな笑顔。幼心に“親父はすごい仕事をしているんだな”と感動を覚えました。

モノづくりの楽しさと手ごたえを感じられる大工という仕事。「家を建てる」ということは、お客様のこれからの快適な暮らしを左右する、大きな責任を伴う、きめ細かな仕事だと思います。

私はこれまで、釘1本、ビス1本、一つひとつの作業に心を込めて施工してまいりました。社員をはじめ協力業者とも連携し、建築現場の整理、整頓、清掃を徹底しているのは、安全管理と作業効率の向上はもちろん、建築現場は「お客様からの大切なお預かりもの」だから。お客様がこれから何十年と暮らす家。誠実な家づくりは、お客様に幸せをご提供できると自信を持って明言できます。

家づくりを考えた時に気になる事、それは購入予算や諸費用、住宅ローンなど、お金に関する事ではないでしょうか。不安なこと、気掛かりなこと、どうぞ遠慮なくご相談ください。ひとりでも多くのお客様のマイホームの夢を叶えるため、しっかりとサポートいたします。

地域の皆さまに愛されて30余年。これからも「家づくりは家族の幸せづくり」をモットーに邁進してまいります。

「安心・安全」へのこだわり

タツケンホームの家づくりの出発点は、「安心・安全」の4文字です。
大工として30年以上多くの住宅と接してきた代表加藤が、現代の家づくりについて感じるのは『日本の家は構造から見直すべき』ということです。目には見えない部分こそが安全を支えている、見えない部分にこだわるからこそ住宅メーカーとして胸を張ることができる。お客様に「安心・安全」な家を提供することが最も大切であると考えています。

手抜きできない「職人魂」が支える安全性

タツケンホームでは目には見えない部分や、完成後には手を加えるのが難しくなる構造も含めて、隅々まで120%の技術力を込めて施工をしています。
例えば、床材の下にウレタン断熱を敷いて断熱性能を高める方法を採用したり、構造材を1~2mmのわずかな誤差もないように仕上げることに挑戦したりしています。1本1本の木材と向かい合い、速さ重視・納期重視というスピード優先のコストダウン方式ではなく、時間をしっかりとかけ、少しの誤差もない状態で基礎工事から構造工事まで施工しています。また、建替え時の仮住まい家賃を1日でも短くしていただくため、徹底的に工期管理をしています。『職人魂』という言葉は古いのかもしれませんが、日々技術を磨き、見えない部分から家づくりに取り組んでいます。

豊富な経験に裏打ちされた5つの自信

岐阜で30年以上の家づくり経験から、自信を持ってお勧めできる仕事があります。

  • 自信1.提案力

    提案力

    丁寧なカウンセリングを心がけ、お客様にとって一番良い家を、大工の経験を活かして提案します。

  • 自信2.技術

    技術

    物を見せない工夫、床を上げる、収納を作る、など熟練の技術を惜しみなく注ぎます。

  • 自信3.デザイン

    デザイン

    色や統一感を重視した提案が得意です。吹き抜けからの自然光や照明を活かした明るい空間づくりを心掛けています。

  • 自信4.工期短縮

    工期短縮

    建替え時の仮住まい家賃を1日でも短くしていただくため、徹底的に工期管理をしています。

  • 自信5.素材へのこだわり

    素材へのこだわり

    構造材の乾燥に特にこだわり、材木店に素材を指定して仕入れています。

お値打ち価格を実現した3つの理由

費用をかければどんな贅沢な家でも建てられます。しかし、大事なのは贅沢な家を建てることではなく、誰でも一戸建ての夢を叶えられることだと思い、お客様にご納得いただける価格の住宅を提供できるように工夫と努力をしています。

お値打ち価格を実現した3つの理由

お値打ち価格を実現した3つの理由

理由1.広告宣伝費を最小限に
経費の中で最も多くを占めるのが広告宣伝費。大手住宅メーカーでは新築住宅価格の2%とも言われています(1棟2,000万円の場合、広告宣伝費40万円)。 タツケンホームでは宣伝広告費削減のため、パンフレット制作・広告の企画デザインを自社で行い、部数も最低限に抑えています。ホームページの管理もすべて自社で行い、私たちの普段の仕事や最新情報、お家が出来上がっていくまでの過程などを写真付きで紹介しています。こうして抑えた広告宣伝費は、新築住宅を建てるお客様へ還元しています。
こうして抑えた広告宣伝費は、岐阜県可児市の新築住宅を建てるお客様へ還元しています。
理由2.自社一括管理で中間マージンなし
新築住宅を取り扱う上で重要なことは、住宅への十分な知識です。 打ち合わせをした人間が設計士へ話をして、その図面を見ながら外注の大工さんが家を建てているような、お客様の意見が通じていない、中間マージンが発生する家づくりは絶対にしません。タツケンホームの家づくりは自社一括管理。最初のカウンセリングからアフターフォローまで責任を持って行います。
理由3.創業昭和57年の信頼から材料費等のコストダウンを実現
30年以上お付き合いのある材木店をはじめとした協力企業、外注さんとの信頼関係があってタツケンホームの新築の家はお値打ちな住宅としてお客様に提供できています。 また、リフォーム店も兼ねているため材料管理を有効におこなう在庫システムを確立しています。お値打ちな住宅を建てるためにスピードを考えるのではなく、今までの信頼関係を大切にしています。