タツケン5つの自信

「安心・安全」へのこだわり

 

タツケンホームの家づくりの出発点は、「安心・安全」の4文字です。

大工として30年以上多くの住宅と接してきた代表加藤が、現代の家づくりについて感じるのは『日本の家は構造から見直すべき』ということです。目には見えない部分こそが安全を支えている、見えない部分にこだわるからこそ住宅メーカーとして胸を張ることができる。お客様に「安心・安全」な家を提供することが最も大切であると考えています。

手抜きできない「職人魂」が支える安全

 

タツケンホームでは目に見えない部分や、完成後には手を加えるのが難しくなる構造も含めて、隅々まで120%の技術力を込めて施工をしています。

例えば、床材の下にウレタン断熱を敷いて断熱性能を高める方法を採用したり、構造法を1~2mmのわずかな誤差もないように仕上げることに挑戦したりしています。1本1本の木材と向かい合い、速さ重視・納期重視というスピード優先のコストダウン方式ではなく、時間をしっかりとかけ、少しの誤差もない状態で基礎工事から構造工事まで施工しています。

また、建替え時の仮住まい家賃を1日でも短くしていただくため、徹底的に工期管理をしています。『職人魂』という言葉は古いのかもしれませんが、日々技術を磨き、見えない部分から家づくりに取り組んでいます。

豊富な経験に裏打ちされた5つの自信

 

岐阜で30年以上の家づくり経験から、自信を持ってお勧めできる仕事があります。

自信1
自信3
自信5
自信2
自信4